東京の医学部受験予備校での生活と学費体験談

今は医師として働いてます

医学部予備校@東京 | メディカルフォレスト東京 自由が丘校

そんな生活でしたが、幸い、成績は何とかどこかの医学部には入れるかもしれない程度の成績がとれるようになりました。
センタ―試験も理科で満点が取れるなど自分なりの実力は出せました。
医学部を志した時点で、タイムリミットは2年と決めていたので1年目は少し目標高く、大都市の国公立大学受験に挑戦することにしました。
私立大学は学費が高くて行けません。
国公立に絞っての受験ですからそれなりのプレッシャーです。
最初の大学は難しいこともあり、うまくいきませんでした。
最後の公立大学の試験がだめなら、もう一年の受験生生活です。
センター試験は何とかなる位置にいたので二次試験次第でしたが、ここでも理科の試験で手ごたえがありました。
もしかしたらの期待を込めつつ、合格発表は大学まで行って発表を見守りました。
すると自分の受験番号があるではありませんか。
それまでの生活が頭をよぎり涙がこぼれ落ちてきました。
今では東京で普通の医師として働いていますが、我ながらよくこんな無謀なことをしたものだと思っています。

経済学部で学んでいました医学部再受験に向けて予備校探し今は医師として働いてます